本文へ
一般社団法人千葉県農業協会

事業内容

 我が国の経済・社会の加速的な国際化の中で新しい時代の展開を構築するためあらゆる業界が努力しています。

 農業においても、消費者の皆さんに「安全・安心」な食料を供給する生命産業として成長・発展を遂げていかなければなりません。

 農業・農村に対して、600万県民から求められているニーズに応えるべく、一般社団法人千葉県農業協会は次の4点を柱にして事業を行なっています。

1.農業・農村の人材育成確保支援事業

事業のイメージ画像1

 消費者に対して、安全で安心な食料を供給する体制の確立が求められていますが、担い手の不足が進行している中で、本県農業生産大宗を担う足腰の強い優秀な人材の確保が急務ですので、その対策を実施しています。

2.農業技術の国際交流事業

事業のイメージ画像2

 国際化が進む中で、農業の経営、技術、文化及び人などの相互交流が諸外国から求められており、農業・農村の国際交流を促進する対策を実施しています。

3.環境保全型農業の普及推進支援事業

事業のイメージ画像3

 近年、地球的規模の環境保全に対しての社会的ニーズが高まっています。農業はその生産過程において、循環を基本とする環境保全に最も調和した産業の評価であり、環境に配慮した生産活動を推進する対策を実施しています。また、農業・農村の持つ公益性保持のためには、消費者の皆さんの理解と支援が必要です。このため、消費者の皆さんとふれあいの促進を図る対策を実施しています。

 現在農業協会では、環境への取り組みとして、牧草栽培事業を行っています。詳細はこちら

4.農業経営体の確立支援事業

 本県の農家は、年々減少の一途を辿っており、本県農業生産を担う農業経営体数を確保しなければならない現状にあります。このため、優秀な人材を確保するとともに、農業経営、農業技術に係る情報、経営資金の紹介等、総合的な支援を実施しています。

通常総会の様子
通常総会の画像

このページのトップへ